腰痛・ぎっくり腰|台東区上野御徒町浅草の整体・カイロ院

腰痛・ぎっくり腰|台東区上野御徒町浅草の整体・カイロ院

腰痛・ぎっくり腰‐画像では異常なし?お困りで治療院をお探しの方

ご存知ですか?腰痛の85%は現在の西洋医学(整形外科等病院)では原因を特定できないことを!

当院での腰痛の症例はこちら(ご参考にしてください)

無料相談も受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
※但し、患者さんの対応中のお電話での相談は対応中の方にご迷惑になりますので、ご予約の上、ご来院ください。

「腰痛」いろいろ

現在の西洋医学では、85%の腰痛が原因の特定できない、原因不明の腰痛とされ、研究が非常に遅れているのが現状です。

15%の腰痛は、特異的腰痛(原因が確定できる腰痛):椎間板ヘルニア 脊柱管狭窄症、圧迫骨折、感染性脊椎炎、がんの脊椎転移、大動脈瘤、尿路結石などの内臓疾患など。

85%の腰痛は、非特異的腰痛(原因が確定できない腰痛):ぎっくり腰、慢性腰痛など、レントゲンやCT、MRIを撮っても異常が無いといわれる腰痛。

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は別項にて記載しております。
椎間板ヘルニアという診断を受ける方は非常に多いですが、ヘルニアという診断であるにもかかわらず、ヘルニアが原因ではない腰痛の割合が非常に高いようです。ご参考にしていただければ幸いです。)

腰の痛みの原因は、一般的に主に3つと言われます。

1.筋肉のアンバランス:硬くなったり、機能を果たしていない。(それに伴う背骨の歪み)
2.腰部の骨格の病気:椎間板ヘルニア、分離すべり症、脊柱管狭窄症、腰椎変形症、圧迫骨折、腰椎捻挫、側彎症など
3.内臓からくるもの:腎臓、尿管、大腸、大動脈、婦人科、泌尿器の病気、悪性腫瘍など、腹部や下腹部、陰部などの部位の病気が原因である場合も多少はあります。

しかし・・・・

ほとんどの腰痛患者さんは、整形外科を受診する事が多いと思います。

そして、画像撮影しても、異常が見つかることは非常に少なく、上記2.3の骨格・内臓の問題に該当しなければ、加齢とか原因不明とされてしまい、湿布や痛み止めの処方に終わると思います。良くても上記1.筋肉のアンバランスと説明があるくらいでしょうか?

接骨院、整体へ行けば、1に含めた、背骨の歪み、骨盤の歪みと説明を受けることと思います。

一般的に理解されていないのが、
4.内臓や経絡的エネルギーが起因していて、画像検査・理学検査では確定できないもの
5.腰部だけではなく、頚部や足、さらには手からのなど症状とは離れた部位とのバランスが関係するもの

6.心因性の腰の痛み:ストレスや心身症、自律神経失調などもあります。

さらに、腰痛を長引かせる原因のひとつに、画像では、骨の変形やカラダの歪みが視覚的に示されてしまうため、それを見て「だから痛むんだ!」思い込むことで自分をカテゴライズ(枠に当てはめてしまう)してしまい、痛みが取れづらくなく場合もあります。

腰痛=腰の骨の異常」というこれまでの常識は非常識となってきています。

当院の対応は、全体をみます。
来院される方のカラダの状態、お話から総合的に判断しながら、また、カラダの反応、反応の変化、感情の変化を診ながら対応しています。ですので、通常の治療院であれば、「ここがこうなっているから痛みが出ている。」というところを更にそうなる原因を探るようにしていますので、腰痛の回復率は非常に高いくなっております。各々のお身体との対話も重要になってきます。

何故腰痛の85%が原因不明なのか?

それは、画像診断だけに頼っているからです。きちんと古典的な整形外科的検査、神経学的検査や動きの確認をしていればもっと高い割合で原因は明らかになるはずです。

腰痛でお悩みの方、ご相談はこちら

 

腰痛は、マッサージや接骨院の電気治療では治りません!
※ここでいうマッサージとは、もみほぐしのことです。

腰痛は、筋肉のバランスの崩れが問題となります。しかしながら、過緊張している筋肉を揉んでも筋肉は緩まない場合も多いです。緩んだとしてもすぐに戻ります。そして、マッサージを続ければ続けるほど筋肉は傷み、筋肉を硬くし、もっと強い刺激を要求するようになります。

筋肉が凝る→揉み解す→更に凝る→揉む という悪循環を繰り返すことになります

一般的なマッサージは、筋肉の収縮・弛緩のメカニズムに則っり、構造力学的な治療ではありません。

筋肉が過緊張しているのではなく、対側が弛緩しているため過緊張している場合が多くあり、過緊張を緩めても弛緩している側を処置しないでいると良くなることはありません。

筋肉のアンバランスを考えるためには、きちんと、筋肉、脳、神経、構造、栄養、感情、意識、環境などさまざまな要因を考える必要があるのです

あなたの腰痛、しっかり向き合ってみませんか?

ぎっくり腰(急性腰痛)

魔女の一撃とも言われ、重いものを持ち上げたり、体をひねったり、くしゃみや咳をした瞬間に突然腰が痛く動けなくなる状態です。痛みは突然ですが、それ以前から継続した筋疲労や精神的疲労に関連があります。

急性腰痛は、ごく一般的にみられる症状であり、発症3ヶ月未満の腰痛のことを指します。まれに重大な病変が潜んでいることがありますが、ほとんどのケースにおいて、精密検査で原因を特定できることは少なく、検査の必要のない非特異的な腰痛であす。

痛みが膝の下から足にまで放散する場合は、椎間板ヘルニアの可能性は高いです。

急激に発症した痛みは、程度の差はあるにせよ数週間~数ヶ月続くことがあります。

急性腰痛はぎっくり腰以外にも急激に痛くなったものを含みます。慢性腰痛(症)とは異なり、急性腰痛は長期に渡ってカラダの機能が損なわれることはありません。

しかしながら、中途半端な治療や少し良くなったから治療を中断するようですと、慢性腰痛へと移行する確率が高くなります。痛みが感じなくなっても、しばらくすると仕事、作業、運動の負担による再発、或いは、脳は条件を記憶してしまうため、同じ条件が揃うと、条件反射的に再発する場合が多いです。その脳の誤作動を断ち切るためにも、自己判断で治療の中断はせず、症状が消えてもしばらく治療を継続する必要があります。

ぎっくり腰、急性腰痛の対処方法

ぎっくり腰を発症した場合、炎症が起こっているため、絶対に温めないことです。(2~3日はアイシングが必要かもしれません。)
しっかり冷却し、動けるようになったら治療院へ行きましょう。

昔は安静に・・・と言われていましたが、現在は動けるようなら、動く方が回復が早いという研究が多く報告されています。普通の日常生活を動ける範囲で過ごしましょう。

姿勢や過労からくる急性の腰痛症は、姿勢、日常生活、仕事における改善すべきところ探り、改善を図ることが重要となります。また、ストレスが加わると、症状は重くなります。一般的に自覚されていないことが症状に輪をかけるストレスになっていることが多いようです。

ぎっくり腰でお悩みの方、ご相談はこちら

 

慢性の腰痛症

世界初!ノー・リスク、ハイ・リターン 読んで治す!!腰痛改善のための物語

長く慢性的に腰痛を患っている方は、読んで損は無いと思います。
実際、この本を何度も読み返し、手術を考えていた方が思いとどまり、症状も軽くなってきていると報告を受けています。

人生を変える幸せの 腰痛学校

 

慢性=長く患っている(発症後3ヶ月以上持続している)腰痛で、原因は不明なものが多いとされています。慢性腰痛はいわば生活習慣病といえるかもしれません。
内臓から来る痛みもあります。
心理社会的要因が関与している場合、回復を妨げる場合があります。

慢性腰痛の原因のひとつに、ぎっくり腰から慢性腰痛へ移行する場合もあります。
また、脳の誤作動が起こっている場合があります。

脳の誤作動については、「記憶による条件反射と脳の誤作動」項をご参照ください。

慢性の腰痛(脳の誤作動)などが長く続くと、次のような不安や怖さ、気分の落ち込みがおきてきます。

● 痛みの不安や怖さ
● 痛みの予期:痛くなるかも、痛くなったらやだなと、痛みを想像して不安になったり怖くなったりする。
● 起き上がる、立ち上がる、歩く、などの動くことへの不安や怖さ
● 痛みを恐れて活動や行動が制限されてしまい、それによって落ち込んでしまう
● 手術の不安
● いつになったら治るのか、本当に治るのか、元の生活に戻れるか、仕事や学校などにに復帰できるか、といった将来不安

当院では考えを述べることはあっても、診断することはありません。

慢性腰痛でお悩みの方、ご相談はこちら
ある患者さんの談

Aさん
1週間くらい前から腰に痛みがありました。同時期、同僚に仕事上の不満がありました。その同僚からのある一言で、「キレ」たとのことで、その際、思いのたけを機関銃のように口から出てしまったのです。そうすると、1週間前からの腰痛が一瞬のうちに消えたのでした。
Bさん
怒りが起こると、冷たいものが背骨を上から下へ伝って仙骨辺りへ降りてくる。そういう時はぎっくり腰のようになる。
Cさん
ギックリっぽいと来院され、お腹に触れながら、彼の最近の会話を思い出し、本日来院してからの会話でも、彼女の話しか出てこず。
この症状、彼女に依存してるからメンタルかもしれませんね?とお伝えすると、「えっ?そうなの?あっ!そうだ!メンタルかも?ぢゃ、構造アプローチぢゃダメ?構造かと思った。ぢゃ。。。。。。。。。。。。。。」と彼の自己解釈が始まり、しばらく後、「あっ、痛み楽になってきたとおっしゃって、彼女に対する対応変えます。」とのこと。
面白いことに、会話だけでも痛みは取ることは可能なようです。

このように心に溜め込んだ感情(無意識な感情のほうが多いと思います。)が腰痛を起こしている場合もあります。感情を開放させてあげることで痛みの緩和も早くなることが多いようです。気分転換が大事です。

最近では、整形外科領域において、腰痛治療のガイドラインにストレスや心因性を考慮することと示されるようになりました。器質的(ある障害や病変の原因などについて,身体の器官のどこかが物質的,物理的に特定できる状態にあるということ。)問題がなければ、腰痛はストレスや心因性の問題によるものが多いと認識されるようになってきています。しかしながら、レントゲンやMRIなどの画像を診て診断する整形外科ではストレスや心因性を診る事は不得意だといえますし、きちんと診れるなら腰痛患者は減る傾向にあるはずですが、一向に減少する傾向はみられず、むしろ腰痛患者は増える一方です。

当院では、ストレス、感情、トラウマ等も含め、包括的な対応を心がけております。

 

※思い込み

前述しましたが、画像による診断で画像がこうなっているからというのは、症状とつじつまが合わない場合があります。

医療機関を受診し、診断を受けたことにより、本当の原因ではなくても医師から告げられたことは、ほとんどの方が信頼し、鵜呑みにしがちです。医師以外の治療家が否定したとしても信用はされないのも真なりです。また、健康番組の情報、インターネットで検索し、そこに書かれていたことが自分にも当てはまるから、原因はそれだと思いこまれる方も多いようです。

椎間板ヘルニアの項でも記載させていただいておりますが、腰痛で整形外科へ行き、画像診断の結果ヘルニアがあるなら、診断名はヘルニアになります。しかし、よくよく検査してみると、ヘルニアのある場所と症状の出方が一致しないことも多いです。

イギリスで、腰痛を患ったことがない小学生を対象とした研究で、椎間板の変性が起こっている子供が散見されたという結果もあります。変性が起こっているから=腰痛という図式は成り立たないといえるのです。

では、85%の腰痛はどうすればいい?とお悩みなら、ご相談ください。

慢性腰痛でお悩みの方、ご相談はこちら

腰痛・ぎっくり腰

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症

東京都台東区の整体・カイロプラクティック院

台東区 上野 御徒町 浅草 蔵前 浅草橋文京区 湯島 本郷千代田区 秋葉原 神田墨田区 本所荒川区 日暮里 周辺で腰痛でお悩みなら

PAOカイロプラクティック上野御徒町

文京区,荒川区,千代田区,葛飾区,足立区,墨田区,江東区,中央区から多く来院

東京都台東区東上野1-10-1 SKビル
03-3831-9936

Copyright© 2018 腰痛・ぎっくり腰|台東区上野御徒町浅草の整体・カイロ院. All rights reserved.