加圧リハビリ+α|脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)・運動器障害・スポーツ障害の

加圧リハビリ+α|脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)・運動器障害・スポーツ障害の

脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)のリハビリ施設をお探しの方

脳卒中以外でも、背骨や股関節の手術後、骨折や肉離れなども対応していますので、ご相談ください。このページでは脳卒中について記載しております。

まずは、無料相談からはじめではいかがでしょうか?

PAOカイロプラクティック上野御徒町

脳卒中とは何かについてはご存知の方も多いと思いますが、脳卒中は下記のように分類されます。

脳卒中について

「脳卒中」にはいくつかの種類がありますが、大きくは脳の血管がつまる「脳梗塞(のうこうそく)」と、脳の血管が破れて出血する「脳出血」や「くも膜下出血」に分けられます。

脳梗塞

脳の血管が詰まったり、細くなって血流が悪くなるものです。脳梗塞にもいくつかあります。

脳血栓症・・・脳の比較的太い血管が動脈硬化によって狭くなり、さらに血のかたまりによってすこしずつつまります。あるいは高血圧が原因で脳の細い血管が変性して、血管がつまります。

脳塞栓症・・・脳の血管に、心臓などでできた血のかたまりが流れてきて血管をふさぎます。

一過性脳虚血発作・・・一時的に脳の血管がつまりますが、すぐに血流が再開します。脳梗塞の前ぶれとして現れることがあります。

脳出血

脳の中の細かい血管が破れて出血します。

くも膜下出血

脳の表面の大きな血管にできたコブ(動脈瘤どうみゃくりゅう)が破れて、脳を覆うくも膜の下に出血します。

血管が詰まったり、血管が破れることで、脳の機能が阻害され、運動障害、感覚・知能・認知障害が起こります。入院中のリハビリテーションは出来るだけ早期に始める必要があります。

リハビリテーションは、後遺症の残る患者さんに対して、日常生活の自立と、早期の社会復帰を支援することを目的としています。後遺症を少しでも軽減して、可能な限りもとの生活に戻れるように、なるべく早い時期から体を動かす訓練を開始します。

全身の運動機能が低下すると・・・・

精神面での障害
認知症、不安症、うつなど

廃用症候群
麻痺したまま動かさないでいると、関節が変形し固まってしまう。
筋肉が萎縮する。(筋肉がやせ細ってしまう)
床ずれができる。
骨がもろくなり、折れやすくなる。
カラダを起こした時に低血圧になる(起立性低血圧)
栄養障害が起こる。

保険の範囲内でリハビリを受けられる期間に上限があるため、リハビリ治療を受け続けることができないため、決められた期間が過ぎると、十分な回復とはいえなくてもご自身でリハビリを行うか、病院以外の施設でリハビリを継続する必要があるため、当院では10年以上前から脳卒中のリハビリ対応を行っております。

当院では、加圧ベルトを用いた加圧リハビリカイロプラクティック、促通反復療法、ニューロオリキュロセラピー他有効とされている施術方法を含めた、個人個人の状況に合わせ、脳卒中の後遺症や運動器機能障害の対応をしております。

脳卒中の場合、回復には通常1年以内が勝負と言われています。

当院では、2年以上経過後も少しずつ回復されているのが確認できております。
「継続は力なり」です。

一部症例を挙げておきます。

68歳 男性 脳梗塞

74歳 女性 くも膜下出血

47歳 男性 くも膜下血腫

49歳 男性 脳梗塞

67歳 男性 脳出血・くも膜下出血

料金は通常のパーソナルトレーニング程度の設定にしております。

リハビリの内容

時間は、プログラムにより変化しますが、1時間15分~1時間45分程度が目安です。

 

脳卒中対応の加圧リハビリの料金

登録料:5,400円
都度払い:8,640円
4回券(有効期限1ヶ月):32,400円
(上乗せがある場合、1,080円~4,320円×回数分)
12回券(有効期限3ヶ月):77,760円

但し、最初の1~3ヶ月はリハビリの効果を最大限に発揮させるための施術を付加する事があるため、上記料金より上乗せさせていただく場合があります。まずは、来院の上、お体の状態を確認をさせていただいた上で、料金をお知らせいたします。

加圧トレーニング・加圧リハビリについて

まずは、無料相談からはじめではいかがでしょうか?

PAOカイロプラクティック上野御徒町

ご家族の方で、構音障害の後遺症により患者さんとの会話がしづらいとお感じの方はご相談ください。 構音障害の対応について

 

Copyright© 2021 加圧リハビリ+α|脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)・運動器障害・スポーツ障害の. All rights reserved.